2016年10月16日日曜日

ストレッチの重要性に気づいたお話し。

数ヶ月前からフィットネスクラブに通い始めました。

理由は、長時間のデスクワークで身体が凝って疲れが取れなかったから。
これはもう、整体にでも通わないと改善できないかもしれない...と考えたのですが「筋肉付ければ凝りがなくなる」と聞き、最寄りのフィットネスクラブに入会することに。

担当のトレーナーさんに相談したところ「ストレッチのプログラムへの参加がお勧め」とのアドバイスをいただきました。

え、ストレッチ!!??

初っ端「それではマシンの使い方を説明します」なんて流れになると想像していました。
フィットネスクラブでストレッチを勧められることが今まで一度もなかったので少し驚きました。

トレーニング前後にストレッチをすることの重要性

過去にも、会社の福利厚生を利用して某中央クラブやら某黄金ジムなどにも入会したことがあったけれど、ストレッチを積極的に勧められた事がありませんでした。どちらかというとマシン重視。

初回なのでトレーナーさんのアドバイスに従ってストレッチプログラムに参加してみると、同世代から年配の方まで幅広い世代の方が参加していました。

あるツールを利用して背骨を本来の姿に戻していくという約30分間のプログラム。ホットスタジオでやるプログラムで、ヒーリングミュージックがBGMで流れているので、年配の方は途中でいびきをかいて寝てました。とてもリラックス効果のあるプログラム。

それまで背中が張ってしまい息もしにくかった身体が約30分間のプログラムに参加しただけでスーッと解かれるように楽になりました。

これはヤバい。通う。そう決意した。

先ずは体幹を鍛えることが必要

ストレッチのプログラムが終わり、トレーナーさんから「腹筋と背筋を鍛えることが必要」とのアドバイスを頂き、2種類のマシンを使ったトレーニングが始まりました。体幹を鍛えることで身体の凝りを解消できるとのこと。

以前、自己流でマシンを使ってみて、翌日身体が張り大変な思いをしたことがあるので、できればマシンはやりたく無いと思っていたのですが、いまのところ以前のような事は無い...!前後にストレッチを取り入れた結果が現れていて驚きました。

それ以来、会社帰りにフィットネスクラブへ通うことにしました。一日の疲れをリセットできるので、今では日常の一部になってます。

今まで、別のフィットネスクラブではストレッチをせずに自己流でマシンを使って運動してました。
その結果、翌日身体中が張ってしまい倦怠感に襲われる。
あまり良い運動の仕方では無かったことに気がつきました。

運動前のストレッチが大切であるということ

マシンでトレーニングを行う前後のストレッチが如何に大切なのかということを知ることができました。
身体をほぐしてからトレーニングを行うことで効果が通常よりも上がるようです。
そして、トレーニング後にストレッチを行うことで身体の張りも防止することができるのです。
これからフィットネスクラブへ通う予定の方、是非トレーニング前後にストレッチを取り入れてみてください。

アベンジャーズからのオファーに備えましょう。
以上。