2015年5月25日月曜日

東京ディズニーリゾートの楽曲 3

東京ディズニーリゾートで過去に使用されたお勧めの楽曲がまだまだ沢山あるので、簡単にですが少しずつ紹介していきたいと思います。
今回も、2010年以降のエンターテイメントで仕様された楽曲の中から個人的にお気に入りのパークミュージックを。

①「Disney's Halloween Street "Welcome to Spookyville”」-"Obake Party (Let’s Get Together)”(2010-2011)
東京ディズニーランドで2010年と2011年に開催されたディズニーハロウィーンのパレードで2年間使用された楽曲。ショーモードでこの"Obake Party (Let’s Get Together)”という楽曲が使用されました。出だしは力強いコーラスから始まりますが、コミカルな曲調に変わり始めると「オバケのオバケのストリート」というフレーズが繰り返えされるメロディーが続きます。東京ディズニーランドならではの面白可笑しいハロウィーンが全面的に出されていて面白い。約5分程度の限られた枠の中にメインテーマとなる楽曲とそれに付随する音楽を詰め込むのって相当難しいことだと思うんですが、このショーモードは歴代のハロウィーンの中でもまとめ方がとにかく素晴らしいです。是非、一度じっくり聴いて頂きたいです。
コンポーザーはScott Ericksonさん。東京ディズニーリゾートの楽曲提供には10年程前から携わっている方です。2012年のディズニーハロウィーンでもショーモードで”It’s So Much Fun”という楽曲の提供をされています。こちらも非常に面白い作り込みがされているので是非聴いてみて下さい。

②「Disney’s Santa Village Parade」–“All Wrapped In Love”(2011–2012)
東京ディズニーランドのクリスマスファンタジー2011、2012のパレード「ディズニー・サンタヴィレッジ・パレード」で使用された楽曲。一昔前のクリスマスパレードでは、トラディショナルなクリスマスソングをアレンジしたメドレーをパレードの楽曲と使用する傾向にありましたが、東京ディズニーランド20周年以降はオリジナルの楽曲が用意されることが多くなりました。この”All Wrapped In Love”は冬の澄んだパークの景色にピッタリな聴いていて清々しい気持ちにさせたれる楽曲だと感じています。各フロート毎にオリジナルソングとは別にそれぞれのテーマにあったクリスマスソングが織り込まれているので聴き比べてみると面白いですよ。
コンポーザーはJonathan Barrさん。東京ディズニーリゾートの音楽には昔から携わっている方です。一昔前だと、「ディズニー・パーティーエクスプレス」や近年のレギュラーショーの音楽等も担当している方です。初めて聴いても耳に残るような音楽作りが特徴的なコンポーザーさんですね。ここ数年はあまり東京ディズニーリゾートへの楽曲提供があまり無いので、今後に期待したいと思います。

③「New York Halloween Follies」-”A Roarin’ New York Halloween”(2014)
東京ディズニーシーのディズニーハロウィーン2014で公演されたショーの楽曲。アメリカンウォーターフロントパークで行われました。この楽曲は、オープニングでは日本語歌詞、クロージングでは英語歌詞が使用されています。この楽曲を初めて聴いたとき、2003年~2005年頃に東京ディズニーリゾートで公演されていたエンターテイメントの雰囲気を感じ、どこか懐かしい気持ちになりました。「ハロウィーンらしさ」を良い意味で無視したジャジーな楽曲に仕上がっている点がパークミュージックの王道をいっていますよね。

コンポーザーはSteve Wilkinsonさん。過去にも多くの楽曲を提供しています。ここ数年感だと「ミッキーとダッフィーのスプリングヴォヤッジ」や「テーブル・イズ・ウェイティング」などに携わっています。一度聴いて耳に残るような印象的なメロディーの楽曲が多いように感じます。

今週は上記の3曲を紹介させて頂きました。イベントの音楽はオリジナルソングが毎年一新される傾向にあるのでパークで聴くことは難しいかもしれませんが、気になる楽曲があった場合は是非CDを購入してパークミュージックの世界を楽しみましょう!

0 件のコメント:

コメントを投稿